人を知る 困難さを乗り越えていく楽しさ。それが明日の可能性を広げていくのだと思います。人を知る 困難さを乗り越えていく楽しさ。それが明日の可能性を広げていくのだと思います。

営業 2011年入社 内田 憲秀 門真工場 営業

interview01

さまざまな分野の取引先と
仕事が楽しめます。

表面処理メーカーということで、理系出身者が活躍しているというイメージがありました。でも、パーカー加工は、その技術力を熱意と誠実さで伝えることができる人なら、理系も文系も関係なく活躍できます。私自身も文系出身ですから間違いはありません。
自動車メーカー、自動車部品メーカー、建築設計事務所、建機メーカー、電気通信設備メーカー、鉄道会社など、幅広い分野で仕事ができます。個人的には自動車が大好きなので、その最新モデルや最新技術に関われることが嬉しいですね。

高度な技術を積極的に
お勧めしています。

もちろん、最初は不安でした。表面処理を知らない私に、営業が務まるのかどうか。でも、入社後は、上司や先輩がやさしく丁寧に指導してくださいました。しかも、興味のある輸送機器分野の顧客を担当しましたので、自然に表面処理と輸送機器の関係や必要性を学ぶことができました。普段の仕事は既存の取引先への定期的な訪問ですが、それ以外にも展示会に出たり、見学に行ったりしながら、積極的に新しい取引先を探しています。私たちには高度な技術力がありますので、そこをしっかりとアピールすることで新たな仕事につなげています。

あたたかさとチームワークが、
人を育て企業を育てる。

パーカー加工の親会社は日本パーカライジング。ここでは表面処理の薬剤を生産しています。つまり、競合もパーカーライジングの薬剤を使っているわけです。でも、やっぱり他がやるのと、うちがやるのとではチューニングが違うんです。耐久テストの結果、パーカー加工の表面処理だけが好成績を記録したということもあります。
自信をもって自社の技術をお勧めすることができる、というのは、営業にとって最大の喜びです。
また、現場のスタッフと一緒に表面処理の試作に対する打ち合わせをしますがそんな時に工場のスタッフや先輩や上司のみなさんが、いろんなアドバイスをしてくれる。そのあたたかさ、チームワークがパーカー加工という会社の強みだと思います。