人を知る 表面処理加工の最前線で仕事ができる。工場ごとの個性を楽しむことができます。人を知る 表面処理加工の最前線で仕事ができる。工場ごとの個性を楽しむことができます。

技術 2009年入社 池野 大志 川越工場 環境・品質管理

interview01

堅実な企業基盤と
高い技術力に惹かれました。

大学院で環境共生工学の研究をしていました。当時の研究室の教授が、当社の親会社である日本パーカライジング・アイオニクス部門と共同研究を行っていて、その時に粉体塗装設備工場を見学しました。そこで、パーカー加工を初めて知ったんです。完全な「B to B」企業なので普通は知らない会社。でも、毎日の暮らしの中で関わりのない分野はほとんどないくらいですね。表面処理加工企業として高いシェア・技術力を持っていることと企業基盤が堅実であることに惹かれました。

品質管理の仕事が生産ラインの実力を高めていきます。

私の仕事は工場内での環境品質管理。生産ラインの設備稼働が適切に運営されているかを管理したり、顧客との品質に関する打ち合わせを行い作業手順などを定めた書類を作ることで、安定した品質で処理・塗装が行えるように管理することです。
また、環境等に関わる法令順守も仕事です。地道な仕事ですが、みんなで頑張ることで不良品がなくなる。川越工場は事業規模も売り上げもパーカー加工の中で1位、2位を争う存在。取り扱う得意先も仕事の内容も多岐にわたり、その分責任も重くやりがいを感じています。

業界トップクラスの技術力と応用力はここから生まれます。

最近、よく考えるのですが、パーカー加工は、工場毎に個性があります。取引先が自動車や建材、家電などの分野による違いや要求される内容、取り扱う品物のサイズが違うことが要因。でも、いちばんの要因はそこで働く人。異なる環境でみんながそれぞれの個性を発揮しながら、仕事に取り組んでいる。それが工場の個性、工場の力となり、業界トップレベルの技術力と応用力に繋がっているような気がします。
ローテーションで工場間の情報交換の場があります。自分と同じ品質管理を担当している人たちと会える機会は、改めて各工場の個性を感じる事ができるのでワクワクした気持ちで出席しています。