人を知る デスクワークでみんなの団結力を支える。それが私の大きなやりがいです。人を知る デスクワークでみんなの団結力を支える。それが私の大きなやりがいです。

事務 2007年入社 奥田 亜矢子 川崎工場 総務・経理

interview01

本社と工場を経験して
全体を見渡せるようになりました。

最初に配属されたのは本社の管理本部でした。各工場からあがってくる給与計算をしたり、経費などの処理をすることが主な仕事でした。そこから川崎工場に異動になったのですが、本社だと数字を見ながら「どうしてこうなるんだろう」と思っていた疑問が、工場だと目の前で解けていく。それが新鮮な驚きでした。本社で見る数字と、現場である工場で見る数字。その両方を経験しているからこそ、数字の意味やお金の流れを把握できるようになったと思います。

総務として経理として、
幅広い仕事を任されています。

現在の具体的な仕事を説明すると、まず総務としては、従業員の給与計算、派遣社員の勤務状況の確認、保険の手続きや年末調整など。そして、経理としては取引先から届く検収書・支払明細書と売上の相違を確認すること、得意先からの入金を確認し請求書を発行すること、毎月の仕入を締め、決算書を作成することなど。多岐にわたる仕事を任せてもらっています。

やりがいのある仕事を
任せてくれる環境ですね。

いちばんのやりがいは、私の仕事によって、工場のスタッフみんなの給与がスムーズに間違いなく支払われること。そして、私が管理している数字が経営判断の材料になるということでしょうか。責任ある仕事なので、プレッシャーもありますが、大きな達成感があります。人間関係が良好だからこそ、よけいにみんなのために頑張りたい、という気持ちになりますね。
少し前に、工場の事務所と食堂を改装したのですが、そのレイアウトを任されました。もちろん、施工してくださる内装業者の方と相談しながらなのですが、「こんなにも私の意見を採用してくださるんだ」と驚きました。
仲が良く、団結力のあるパーカー加工の力をより強く発揮できるようにこれからもデスクワークで支えていきたいと思っています。