人を知る データから人が見えてくる。それが総務という仕事の面白さですね。人を知る データから人が見えてくる。それが総務という仕事の面白さですね。

事務 2015年入社 鈴木 将伎 管理本部 総務部

interview01

知らない社名でしたが、
人の温かさに惹かれました。

就職活動をしているときに、初めてパーカー加工という社名を知り、入社には迷いがありました。しかし、浜松の工場を見学したときに、みなさんが歓迎してくださって。こんな先輩達と一緒に働きたい、と心から思えたんです。そして、入社して本社の総務に配属されました。工場とは環境が違いますが、自分の仕事が各工場の人たちを支えているのだと思うとやりがいを感じますね。

派手さはないけれど、
とても重要な仕事です。

現在の私の仕事は給与計算業務です。各工場に事務担当者がいますので、そこから上がってきたデータをもとに給与計算を行います。人はある意味お金のために働いています。もちろん、それだけではありませんが、重要な要因であることに間違いはありません。そこに直結する仕事をしているわけですから、緊張感は大きいですね。ケタを1つ間違えると大変なことになりますから。その他、企業年金や保険関係の手続きをします。後は働き方改革の一環として、通信講座を刷新するなど企画・提案ができる仕事を任せていただいています。
派手な仕事ではありませんが、とても重要な仕事です。

データの中から人が見えてくる。
そこが面白いですね。

私が入社して、やっと給与計算システムに慣れ始めたころ、システムを入れ替えることになったんです。新しいシステムに移行するためには、給与計算の項目などをしっかりと把握して、設定をする必要がありました。ある意味で、給与計算の根本を勉強し直すことになったわけです。当時は大変な思いをしましたが、今となっては、とても勉強になりました。
給与計算業務は、従業員の出勤状況及び時間外などのデータを集計する仕事です。集計するデータを見続けている内に、だんだんとデータを通して人が見えてくるんです。「あれ、この人、残業が増えているな。ということは、この工場ではこんな動きがあるのかな」なんて思っていると、それが当たっていたりする。そこがとても面白いですね。