人を知る 技術開発を手がけながら工場支援。プレゼンテーション力を磨きたいですね。人を知る 技術開発を手がけながら工場支援。プレゼンテーション力を磨きたいですね。

技術 2015年入社 長田 多加 技術センター 研究・開発

interview01

モノづくりに最適な環境に
出会いました。

モノづくりに関わりたい。大学で応用分子化学を学んでいた頃から、漠然とそう考えていました。就活の時に、化学やIT系の企業に行こうとは決めていたのですが、できるだけ1人でいろんな仕事がしたいと考えていました。だからこそ、社員数の多すぎない、福利厚生の充実した会社を探し続けていたんです。その結果、パーカー加工に出会えたのは本当に幸運だったと思います。学生時代の勉強が活かせるかどうか気になりましたが、研修制度が充実していたので心配はしませんでした。実際、一生懸命に取り組めば大丈夫、ということがわかり心配は杞憂に終わりましたね。

技術の要としてのプライドをもって仕事に取り組んでいます。

現在の仕事は浜松にある技術センターで、工場支援と開発補佐を担当しています。工場支援では、全国の工場から依頼された表面処理の分析や試験を実施。処理した製品が、きちんと規格に収まっているかを品質確認し、取引先が行った耐久試験後の皮膜評価などを行います。品質管理や営業とコミュニケーションをとりながらきちんと報告書にまとめます。
もう一つ、開発の仕事にも補佐として携わっています。こちらは、各工場からテーマを募集して、顧客ニーズに応えるような改良や新技術を開発。日々、製品の確認試験や分析などを行い、時にはプレゼンテーションも行います。

何のための技術か、誰のための技術かを
しっかりと考える。

研究・開発は、自分で試験を行い、データを取りを繰り返す作業。そして、その結果を報告書にまとめ、時には、各工場に向けて自分の研究結果をプレゼンすることもあります。この一連の業務をしっかりと進めることで、工場でのスムーズな量産体制立ち上げに繋がるのですから、まさに縁の下の力持ちですね。でも、大事な仕事であり、やりがいを感じています。
これから先、結果や数字を羅列して纏めるのではなく、依頼者が何を求めてるのか、その先にいる顧客が求めている情報は何かを考えて行いたい。そして、依頼者に満足頂けるプレゼンができる力を身につけられるように、意欲を持って仕事にとりくみたいと考えています。